Laravel 5.5

  Linuxのミント18

  PHPStorm

  最近Laravelを果たし、フィールドのための需要があるの小さなプロジェクトを、行うことをしようとするマニュアルのソースコードを読むための十分な時間は、クエリのデータベースをグループ化され、各パケットの数、または手動による外観(マニュアルは、本当に簡単で十分です返します):

  とを有するGROUPBYグルーピング方法は、クエリ結果を使用することができます.使用方法と類似の方法を有します.

  $ユーザー= DB ::テーブル( ''ユーザー'')

  - > GROUPBY( ''ACCOUNT_ID'')

  - >を有する( ''ACCOUNT_ID''、 ''>''、100)

  - > get()は、

  オンラインチェックとホイールを発見したために、

  $ USER_INFO = DB ::テーブル( ''usermetas'')

  - >( ''ブラウザ''、DB ::生( ''COUNT(*)の合計などを''))を選択

  - > GROUPBY( ''ブラウザ'')

  - > get()は、

  マニュアルを見に行きます

  選択句###を指定してください

  もちろん、あなたは常にデータテーブルからすべてのフィールドを選択する必要はありません.そして、この方法を選択し、クエリの特定のフィールドにselect句をカスタマイズするために使用することができます.

  $ユーザー= DB ::テーブル( ''ユーザー'') - >を選択し( ''名前''、 ''USER_EMAILとしてメール'') - > GET();

  ##元式#

  時には、クエリで、元の式を使用する必要があるかもしれません.これらの表現は、文字列としてクエリに注入されるので、SQLインジェクション攻撃を避けるために注意してください!基本式を作成するには、DBを使用することができます::生方法を:

  $ユーザー= DB ::テーブル( ''ユーザー'')

  - >を選択し(DB ::生( ''COUNT(*)USER_COUNTとして、地位''))

  - >ここで、( ''状態''、」<>'', 1)

  - > GROUPBY( ''ステータス'')

  - > get()は、

  残念ながら、常に奇跡について私はそうと、このクラフト自国民を申し訳ありませんがポイントと役に立たない考えていない、トスするのが大好きです.

  $のSql =データ::生( ''COUNT(*)の値として'');

  $のObj =自己:: whereBetween( ''修正''、[$始め、$終わり]) - >を選択し( ''名前として都市''、$ SQL)

  - > GROUPBY( ''都市'')

  - > get()は

  - >のtoArray();

  コードはまた、事件ダウン鈍い、直接置かれます.

  フレーズ本体に嘘を障害:

  $のSql =データ::生( ''COUNT(*)の値として'');

  私はデータ(モデル)を使用し、それはとても背に、文字列に持ってここで、ビルダーオブジェクトを返します.

  $のSql = DB ::生( ''値としてCOUNT(*)'');

  木があるので、この時点では、$ SQLは、文字列であるモデルで、ここでの方法があり、ゆっくりとそれを研究、長い道のり!

  参照:

  また、Laravel雄弁GROUPBY()、各グループの数を返します

  雄弁なのより、このLaravelクエリよりも達成するためのモデルとパケットGROUPBYあたりのパケット数を(返す)は皆の内容全体を共有するための小さなシリーズです、と私はあなたの参照を与えることを願って、私は、スクリプトのホームを支えることを願っています.

  また、記事に興味がある可能性があり:チュートリアルDjangoのORM集計クエリを使用することにより、SQLグループで詳述し、グループ化クエリの実装詳しい説明はMySQLのGROUP BYは、MySQLでクエリをグループ化する詳細詳細原則のクエリグループ化の実現をグループ化するSQLの実行順序を使用してクエリをグループ化します詳細な使用規則によって接続SQLクエリパケット問い合わせのOracleグループのクエリグループ

)(雄弁モデルパケットクエリを達成し、GROUPBYの数に各パケットを返すLaravel

Recommend Article: