Windows data recovery software full version free download

  • Mac data recovery software full version free download

  •   パッケージコム.YS.郵便物;

      インポートのjava.utilのの.日付;

      インポートのjava.util.プロパティ;

      インポートjavaxの.活性化.データハンドラ;

      インポートjavaxの.活性化.FileDataSource;

      インポートjavaxの.郵便物.メッセージ;

      インポートjavaxの.郵便物.MessagingException.

      インポートjavaxの.郵便物.セッション;

      インポートjavaxの.郵便物.輸送;

      インポートjavaxの.郵便物.インターネット.AddressException;

      インポートjavaxの.郵便物.インターネット.たInternetAddress;

      インポートjavaxの.郵便物.インターネット.MimeBodyPart;

      インポートjavaxの.郵便物.インターネット.で、MimeMessage;

      インポートjavaxの.郵便物.インターネット.MimeMultipart;

      インポートjavaxの.郵便物.インターネット.MimeUtility;

      パブリッククラスSendMailText_Picture_Enclosure {

      //送信者アドレス

      公共の静的な文字列senderAddress =「xxxは@ 163.comの「;

      //受信者のアドレス

      公共の静的な文字列recipientAddress =「XXX @ QQ.comの「;

      //送信者のアカウント名

      公共の静的な文字列senderAccount =「XXX」.

      //送信者のアカウントのパスワード

      公共の静的な文字列senderPassword =「XXX」.

      公共の静的な無効メイン(文字列[] argsが){例外をスロー

      // 1、メールサーバの設定パラメータを接続します

      プロパティの小道具=新しいプロパティ();

      //設定する認証モード

      小道具.setProperty(「メール.SMTP.AUTH ""「真).

      //転送プロトコルを設定します

      小道具.setProperty(「メール.輸送.プロトコル "" SMTP「);

      //送信者のSMTPサーバーアドレスを設定します

      小道具.setProperty(「メール.SMTP.ホスト "" SMTP.163.COM「);

      // 2、Sessionオブジェクトのアプリケーションが必要とする全体の環境情報の定義を作成します

      セッションセッション =セッション.getInstance(小道具).

      //コンソールに印刷されたデバッグ情報を設定します

      session.setDebug(真の);

      3 //オブジェクトメールのインスタンスを作成します.

      メッセージMSG = getMimeMessage(セッション).

      // 4は、メッセージングへのアクセスは、セッションオブジェクトに応じた交通オブジェクト

      交通輸送=セッション.getTransport();

      //設定され、送信者のアカウント名とパスワード

      輸送.CONNECT(senderAccount、senderPassword).

      //すべての受信者のアドレスに送信されたメッセージを送信、メッセージ.あなたがメッセージオブジェクト、CC、Bccのを作成するときにすべての受信者が追加されている取得するgetAllRecipients()

      輸送.sendMessage(MSG、MSG.getAllRecipients()).

      // 5、メッセージの接続をオフにします

      輸送.近いです();

      }

      パブリック静的で、MimeMessage getMimeMessage(セッションセッション){例外をスロー

      // 1.メッセージインスタンスオブジェクトを作成します.

      で、MimeMessage MSG =新しいのMimeMessage(セッション).

      // 2.送信者アドレスを設定します

      MSG.setFromメソッド(新たInternetAddress(senderAddress));

      MSG.setRecipient(で、MimeMessage.RecipientType.TO、新たInternetAddress(recipientAddress));

      // 4.メッセージの件名を設定します.

      MSG.setSubject( "メールの件名(画像や添付ファイルを含む)"、 "UTF-8");

      //以下はメッセージ設定のテキストです

      // MSG.setContent(「単純なテキストメッセージ!"" テキスト / htmlの;のcharset = UTF-8「);

      // 5. 絵を作成して「ノード」

      MimeBodyPart画像=新規のMimeBodyPart().

      //ローカルファイルを読み取ります

      データハンドラDH =新しいデータハンドラ(新FileDataSource(「SRC \\ mailTestPic.PNG「));

      //「ノード」に画像データを追加します.

      画像.setDataHandler(DH).

      //固有番号「ノード」(「ノード」のテキストIDを参照)設定

      画像.setContentID( "mailTestPic");

      // 6. テキスト「ノード」を作成します.

      MimeBodyPartテキストは=新しいのMimeBodyPart();

      //ここでは追加画像が途中で電子メールの内容に全体のイメージは、実際には、また絵の形でネットワークを追加することができます.httpリンク

      text.setContent(「これは写真です
    "" text / htmlの;のcharset = UTF-8「);

      // 7. (画像+テキスト)テキストと画像との間の関係は、「ノード」(テキストや画像、「ノード」合成ハイブリッド「ノード」)を提供しました

      MimeMultipart んん_text_image =新しいのMimeMultipart();

      んん_text_image.addBodyPart(テキスト);

      んん_text_image.addBodyPart(画像).

      mm_text_image.setSubType( "関連"); //関係

      // 8. 共通の「ノード」にパッケージ+混在テキストイメージ「ノード」

      //は最終的に、私たちが必要とするもののBodyPartがある、のBodyPartの複数で構成されているコンテンツマルチパートメッセージに追加します

      上記//ないのBodyPart mailTestPic、パッケージmm_text_imageボディ部にすべてのプット

      MimeBodyPart text_image =新しいのMimeBodyPart();

      text_image.setContent(mm_text_image).

      // 9. 別館「ノード」を作成

      MimeBodyPart添付ファイル=新しいのMimeBodyPart();

      //ローカルファイルを読み取ります

      データハンドラDH2 =新しいデータハンドラ(新FileDataSource(「SRC \\ mailTestDoc.docxファイル「));

      //データ「ノード」に添付ファイルを追加

      アタッチメント.setDataHandler(DH2).

      //設定する添付ファイル名(必要なコーディング)

      アタッチメント.setFileName(MimeUtility.encodeText(DH2.getName())).

      // 10. 関係は、(画像+テキスト)や添付ファイル設けられている(大ミキシング「ノード」の合成/マルチパート)

      MimeMultipart MM =新規のMimeMultipart().

      mm.addBodyPart(text_image).

      mm.addBodyPart(添付); //複数の添付ファイルがある場合は、追加するために複数回を作成することができます

      mm.setSubType( "混合"); //混合の関係

      // 11. (メッセージの件名に追加メッセージの内容として究極ハイブリッド「ノード」)の関係の全体のメッセージを設定します

      MSG.setContent(MM)

      //メール送信時間を設定し、デフォルトでは、すぐに送信しました

      MSG.setSentDate(新しいDate());

      MSGを返します.

      }

      }

    (写真と添付ファイル付き)のJavaMailの送信および(D)詳細メールを受信リアライズ

    Recommend Article: