Windows data recovery software full version free download

  • Mac data recovery software full version free download

  •   インポートのjava.IO.ファイル;

      インポートのjava.IO.FileInpuトンStreamを;

      インポートのjava.IO.FileOutputStream.

      インポートのjava.IO.IOExceptIOn;

      インポートのjava.IO.InputStream.

      インポートのjava.IO.OutputStreamライター;

      インポートのjava.io.Writer;

      インポートのjava.ネット.URLEncoder;

      インポートのjava.utilのの.日付;

      インポートのjava.util.地図;

      インポートjavaxの.サーブレット.ServletOutputStreamを;

      インポートjavaxの.サーブレット.HTTP.HttpServletRequestの;

      インポートjavaxの.サーブレット.HTTP.HttpServletResponseの;

      輸入FreeMarkerの.テンプレート.設定;

      輸入FreeMarkerの.テンプレート.テンプレート;

      パブリッククラスWordUtils {

      //設定情報、コード自体は依然として非常に読みやすい、あまりにも多くの注釈付きで書き込み

      プライベート静的コンフィギュレーション設定= NULL;

      ここ//ノートは、テンプレートファイルの場所はWordUtilsクラスローダを使用して動的に取得しています

      //プライベート静的最終列templateFolder = WordUtils.クラス.getClassLoader().getResource( "/").ある、getPath()+ "WEB-INF / templetes /".

      プライベート静的最後の文字列templateFolder = "H:/私のプロジェクト/ LM / LM /ウェブ/ srcに/メイン/ ワットebappの/ WEB-INF /テンプレート".

      静的{

      設定=新しいConfiguration();

      コンフィギュレーション.setDefaultEncoding( "UTF-8");

      {試します

      コンフィギュレーション.setDirectoryForTemplateLoading(新しいファイル(templateFolder));

      }キャッチ(IOExceptionを電子){

      e.printStackTrace();

      }

      }

      プライベートWordUtils(){

      新しいAssertionErrorがスローを();

      }

      公共の静的な無効EXportMillCertificateWord(HttpServletRequestのリクエスト、HttpServletResponseの応答、地図マップ、文字列のタイトル、文字列ftlFile)はIOExceptionがスロー{

      テンプレートfreemarkerTemplate =設定.getTemplate(ftlFile).

      ファイルファイル= NULL;

      InputStreamフィン= NULL;

      = nullのうちにServletOutputStream.

      {試します

      Word文書などのcreateDoc方法//コールツール

      ファイル= createDoc(マップ、freemarkerTemplate).

      フィン=新しいFileInputStreamを(ファイル);

      応答.setCharacterEncoding( "UTF-8");

      応答.setContentType( "アプリケーション/ mswordは").

      //ファイル名に対処する方法をダウンロードするには、ブラウザを設定します

      文字列fileNameに=タイトル+ DateUtil.formatDateDetailTime(新しいDate())+ ".ドキュメント「;

      応答.setHeader(「コンテンツ?処分」、「添付ファイル;ファイル名=」

      .CONCAT(文字列.valueOf(のURLEncoder.エンコード(ファイル名、 "UTF-8")))).

      アウト=応答.getOutputStream();

      バイト[]バッファ=新しいバイト[512]; //バッファ

      int型bytesToRead = -1;

      // Wordファイルの内容は、サイクルをブラウザに出力を読みます

      ((bytesToRead =フィン一方.リード(バッファ)) != -1){

      でる.書き込み(バッファ、0、bytesToRead).

      }

      } 最後に {

      (フィンの場合 != NULL)フィン.近いです();

      もし(アウト != NULL)アウト.近いです();

      (ファイルの場合 != NULL)ファイル.削除(); //一時ファイルの削除

      }

      }

      プライベート静的ファイルcreateDoc(地図 データマップ、テンプレートテンプレート){

      文字列名=「sellPlan.ドキュメント「;

      ファイルf =新しいファイル(名);

      テンプレートトン=テンプレート.

      {試します

      //この場所があるため、認識できないエンコーディングを開くことができないがあるためてFileWriterは、そうでない場合は、Word文書を生成したエンコードの種類を指定する必要性使用することはできません

      ライターW =新規のOutputStreamWriter(新たFileOutputStream(F)、 "UTF-8");

      t.プロセス(データマップ、W).

      w.近いです();

      }キャッチ(例外例){

      ex.printStackTrace();

      新しいのRuntimeException(EX)を投げます.

      }

      Fを返します.

      }

      }

    (写真付き)完璧なFrEemarkerの輸出ワード文書とJava実装

    Recommend Article: