Windows data recovery software full version free download

  • Mac data recovery software full version free download

  •   @オーバーライド

      公共のボイドハンドル(一覧 ファイルItemリスト、NetUpMediaapiImgUploadアップ、NetDownMediaapiImgUploadダウン、HttpServletResponseの応答){

      システム.でる.prにtln( "パス:" + getBasePath());

      (もし!CommUtil.isEmpityList(fileItemList)){

      List パス=新しいArrayListを().

      {(fileItemList FileItem fileItem)のために

      文字列パス= WriteFile関数(fileItem).

      パス.追加( "/静的/ IMG /" + fileItem.getName()); //ブラウザは、絶対パスを許可していません.

      ロガー.情報( "アップロードの成功:" +パス);

      ロガー.情報(「更新データ」).

      ,

      ダウン.setAllPath(パス).

      プライベート静的な文字列getFileSuffix(文字列filename)で{

      使用elementUIは地元の例へのアップロードの写真を達成します

      公共の静的な文字列WRITEFILE(FileItemファイル){

      文字列fileNameに= getFileName(ファイル.getName()).

      fileNameに= formatFileName(filename)で.

      fileNameに= getFilePrefix(fileNameに)+ ''.「+ GetFileSuffix(filename)で.

      文字列パス= getBasePath()+ "/ xmobウェブ/静的/ IMG /".

      //パス= "E:\\ xmob \\トランク\\ xmobウェブ\\静的\\ IMG \"; //画像はWEB下の静的ディレクトリフォルダにする必要があります

      ファイルdesFile新しいファイル(パス)=.

      (もし!desFile .存在している()&& !desFile .isDirectory()){

      システム.でる.println( "のhttp://存在しません");

      desFile .MKDIR();

      }

      文字列の結果= NULL;

      {試します

      中=ファイルのInputStream.getInputStream();

      FileOutputStreamアウト=新しいのFileOutputStream(パス+ "/" + fileNameに).

      //バッファを作成します

      バイトバッファ[] =新しいバイト[1024];

      //データ入力ストリーム識別子から読み取られたかどうかを判断

      int型のlen = 0;

      //バッファにループ入力ストリームた、(LEN =中.データがあることを読み出す(バッファ))> 0手段

      一方、((LEN =中.読み取り(バッファ))> 0){

      バッファ指定されたディレクトリ(パス)への書き込みデータに//使用したFileOutputStream出力ストリームました

      でる.書き込み(バッファ、0、LEN).

      }

      in.近いです();

      でる.近いです();

      //アップロードされたファイルを処理する際に発生した一時ファイルを削除

      file.削除();

      結果=パス+ "/" +ファイル名;

      }キャッチ(例外e){

      e.printStackTrace();

      }

      結果を返します.

      }

      プライベート静的な文字列getBasePath(){

      文字列のtemplate_dirの=システム.getProperty(「ユーザー.DIR「);

      リターンtemplate_dirの.サブストリング(0、template_dirの.lastIndexOf(ファイル.セパレータ)).

      }

      プライベート静的な文字列getFileName(文字列filename)で{

      filename =ファイルネーム.サブストリング(fileNameに.lastIndexOf(ファイル.セパレータ)+1).

      ファイル名を返します.

      }

      プライベート静的な文字列formatFileName(文字列filename)で{

      文字列[] SARR = fileNameに.スプリット ( "\",.,

      ,

      ,.][

      ,.,

      ,.,

      ,

      }

      ,

      ,

      ,.「);.SARR [0]を返します.

      }

      }

      fileNameに= formatFileName(filename)で.

      文字列[] SARR = fileNameに

      スプリット ( "\",.,.,

      

      }

    使用ElementUIは地元の例へのアップロードの写真を達成します

    Recommend Article: