Tomcatの多くの方法がありますが、私はメモリなど、同時実行、キャッシング、より最適化手法を導入します.

  1.Tomcatのメモリの最適化

  Tomcatのメモリの最適化、主にTomcatの起動パラメータの最適化には、Tomcatでスクリプトを起動することができカタリナ.SHパラメータセットJAVA_OPTS.

  JAVA_OPTSパラメータ説明

  JDK対応のサーバーのサーバーバージョン.

  -Xms Java仮想マシンのとき最小メモリの初期化.

  -Xmx最大メモリJava仮想マシンを使用することができます.

  -XX:PermSizeをメモリ永久に予約領域

  -XX:MaxPermSizeを最大メモリ永久に予約領域

  サーバーの設定パラメータ

  あなたは以下の構成を取ることができますので、現在、同社のサーバのメモリは、一般的に、最大2Gに追加することができます.

  JAVA_OPTS = '' - Xms1024m -Xmx2048m -XX:PermSizeを= 256M -XX:MaxNewSize = 256メートル-XX:MaxPermSizeを= 256メートル''

  設定はTomcatを再起動することができた後、ビューの構成は、次のコマンドを使用して行われます.

  最初のチェックTomcatのプロセスID:

  sudoのlsofは-i:9027

  私たちは、TomcatのプロセスIDが12222で見ることができます .

  効果かどうかを確認します.

  sudoのjmapの - ヒープ12222

  私たちは、力およびその他のパラメータには、既に見ることができますMaxHeapSize.

  二.Tomcatの同時実行性の最適化

  1.Tomcatの接続パラメータ

  Tomcatサーバーの設定ファイルで.XML

  

  プロトコル=「HTTP / 1.1"

  maxHttpHeaderSize = "8192"

  minProcessors = "100"

  maxProcessors = "1000"

  acceptCountを= "1000"

  redirectPort = "8443"

  disableUploadTimeout = "真" />

  2.調整コネクタコネクタ、同時処理能力

  1>パラメータ説明

  maxThreadsの顧客には、スレッドの最大数を要求します

  minSpareThreadsのTomcatの初期化中に作成されたソケットスレッドの数

  アイドルスレッドの最大数のMaxSpareThreadsの取るTomcatのコネクタソケット

  enableLookups trueの場合、サポートドメイン名解決、IPアドレス、ホスト名に解決することができます

  機会に安全なチャネルを必要としているにredirectPortは、要求はにredirectPortのクライアントベースのSSLポートに転送されます

  フルクライアントの要求が拒否された後、ポートのキューの最大数を聞いてacceptAccount(以下MaxSpareThreadsの取るより)

  ConnectionTimeout接続タイムアウト

  処理スレッドの最小数は、サーバがminProcessorsを作成するとき

  同時処理スレッドmaxProcessorsサーバの最大数

  URIEncoding URL統一コード

  Tomcatの2>構成例

  

  プロトコル=「HTTP / 1.1"

  maxHttpHeaderSize = "8192"

  maxThreadsの= "1000"

  minSpareThreads = "100"

  MaxSpareThreadsの取る= "1000"

  minProcessors = "100"

  maxProcessors = "1000"

  enableLookups = "false" に

  URIEncoding = "UTF-8"

  acceptCountを= "1000"

  redirectPort = "8443"

  disableUploadTimeout = "真" />

  3.Tomcatのキャッシュの最適化

  1>パラメータ説明

  Cのompressionオープン圧縮

  圧縮されたコンテンツの出力サイズを有効compressionMinSize、デフォルトの2キロバイトがあります

  compressableMimeType圧縮タイプ

  セットアップ時間のクライアント接続タイムアウトを定義するのConnectionTimeout. -1ならば、彼らは時間制限のクライアント接続を確立していないと述べました

  Tomcatの2>構成例

  

  プロトコル=「HTTP / 1.1"

  maxHttpHeaderSize = "8192"

  maxThreadsの= "1000"

  minSpareThreads = "100"

  MaxSpareThreadsの取る= "1000"

  minProcessors = "100"

  maxProcessors = "1000"

  enableLookups = "false" に

  圧縮=「上」

  compressionMinSize = "2048"

  compressableMimeType = "text / htmlの、text / xmlで、テキスト/ javascriptの、テキスト/ CSS、テキスト/平野"

  ConnectionTimeout = "20000"

  URIEncoding = "UTF-8"

  acceptCountを= "1000"

  redirectPort = "8443"

  disableUploadTimeout = "真" />

  4.リファレンスの設定

  1>古い設定

  次のように行わ基準ネットワーク?サーバ、アウト共有:

  

  プロトコル=「HTTP / 1.1"

  maxHttpHeaderSize = "8192"

  maxThreadsの= "1000"

  minSpareThreads = "25"

  MaxSpareThreadsの取る= "75"

  enableLookups = "false" に

  圧縮=「上」

  compressionMinSize = "2048"

  compressableMimeType = "text / htmlの、text / xmlで、テキスト/ javascriptの、テキスト/ CSS、テキスト/平野"

  ConnectionTimeout = "20000"

  URIEncoding = "UTF-8"

  acceptCountを= "200"

  redirectPort = "8443"

  disableUploadTimeout = "真" />

  その後、300万人以上の訪問で見たときにパフォーマンスのボトルネック.

  設定を変更した後2>

  

  プロトコル=「HTTP / 1.1"

  maxHttpHeaderSize = "8192"

  maxThreadsの= "1000"

  minSpareThreads = "100"

  MaxSpareThreadsの取る= "1000"

  minProcessors = "100"

  maxProcessors = "1000"

  enableLookups = "false" に

  圧縮=「上」

  compressionMinSize = "2048"

  compressableMimeType = "text / htmlの、text / xmlで、テキスト/ javascriptの、テキスト/ CSS、テキスト/平野"

  ConnectionTimeout = "20000"

  URIEncoding = "UTF-8"

  acceptCountを= "1000"

  redirectPort = "8443"

  disableUploadTimeout = "真" />

  総括する

  Tomcatの設定(メモリ、同時実行、キャッシング、など)を説明する方法を最適化する上で、この記事のためにすべてをだと、我々は助けに願っています.興味のある友人が見続けることができます:オンTomcatは3つの動作モードは、オープンJMX Tomcatサービス?メソッドを導入、Tomcatの再起動解決jsp-ファイルは自動的にファイルのアップロードの問題の後に削除された場合、不十分な場合には、ウェルカムメッセージは、小さなシリーズと指摘しましたこれは、参照のためのより良い製品を提供するために、迅速かつ正確に応答しなければなりません.

  あなたはまた、記事に興味がある可能性があり:埋め込まれたTomcatの詳細詳細TomcatのSpringBoot初期チュートリアルを最適化する方法の春ブーツとして、HTTPSの構成の最適化Tomcatの桟橋とパフォーマンスの最適化(パフォーマンスの概要)

(メモリの側面、同時、キャッシュなど)の詳細な構成の最適化のTomcat

Recommend Article: