タブレットにusbフラッシュドライブでシステムをインストールする方法の詳細なチュートリアル

  デルタは、ITおよびコンシューマー向けデジタル製品の研究開発、生産、販売、サービスに特化した総合ブランドで、光ストレージ、モバイルストレージ、デジタルプレーヤー、タブレットPC、電子書籍、キーボード、カメラなど、さまざまな個性的な製品を発売しています。 当社は、「品質第一」の経営理念と先見性のある経営方針のもと、常に革新を続け、製品のブランド特性とサービスの意味合いを高め、ブランドの国際的なイメージを強化し、世界的に有名なITおよび消費者向けデジタルブランドになることを目指しています。 タブレットPCには、オフィスでの使用に適したWINDOWSシステムとは異なり、Androidシステムがプリインストールされていますので、ここではusbフラッシュドライブを使ってタブレットPCにWIN8をインストールする方法をご紹介します。
 
  タブレットPCにWindows 8をインストールするための条件は、1GのCPU、1GのRAM、2GのRAM、16Gのシステムディスク、Direct 9.0のグラフィックカード、そしてタッチスクリーンです。
 
  タブレットPCシステムのインストールにUSBメモリーを使用する場合、上記の要件に加えて、USBインターフェースのキーボード、マウス、ストレージデバイス(USBメモリー)が必要です。
 
  タブレットの再インストールには、インストールパッケージをダウンロードする部分と、ハードディスクのISOイメージを作成してシステムをインストールする部分の2つがあります。
 
  まず、マイクロソフト社から提供されているWIN8の公式開発者用システムイメージをダウンロードする必要があります。
 
  公式の2.8GBのイメージをダウンロードした後、まだ正午の中国語パッケージをダウンロードすることに興味があるなら、自分を助けてください、ここにヒントがあります、win8中国語パッケージは完璧ではなく、より多くのバグがあります。 翻弄されるのも一興です。 とりあえず試してみたいという方には、とりあえず英語で試してみることをお勧めします(簡単な英語であれば、それほど難しいとは思わないと思います)。
 
  インストール方法は2通りあり、1つはリムーバブルディスクや大容量のUSBフラッシュドライブを直接探して、イメージを解凍ソフトでフォルダに解凍する方法。 もう一つは、CDやusbフラッシュドライブに書き込み、システムの起動ディスクを作ってインストールする方法です。
 
  最初のインストール方法は、基本的にはWIN7のインストールと同じで、既存のシステムに解凍ソフトを直接使用し、解凍ファイルのルートディレクトリにあるsetup.exeを開き 唯一のヒントは、電源への接続を忘れないようにすることです。そうしないと、インストールできません。
 
  ハードウェア構成の確認
 
  このステップでは、ハードウェアのハードルを越えなければなりません。 注意点として、WIN8は16GB以上のシステムの空きが必要ですが、インストール後は10G程度の容量を使用するため、16GBを全く使わないわけではありませんが、それでもインストール時に16GB以上の空きがあることが必要です。 32GBのRAMを搭載したこのタブレットは、内蔵システムのために16GB以下の空き容量となっていたため、他のいくつかのファイルをクリーンアップする必要がありました。 16GBしかない場合は、性格の問題ですね。 ハードドライブベンダーの1000KB=1MBのアルゴリズムにより、16GBを謳っていても、15GBしかない可能性があります。
 
  オリジナルシステムの個人ファイル保存オプション
 
  上書きインストールなので、元のシステムにあるものを残すか、クリーンな状態にしたい場合は「何もしない」を選択できます。
 
  インストールをクリックすると、完了です。
 
  このインストール方法の利点は、手間がかからないこと、WIN8の開発者システムがWIN7を上書きすること、ドライバーやファイルのバックアップを気にしなくてもよいことです。 欠点は、デュアルシステムにできないことと、Win7の復元ができないことです。 (もちろん、それでもWin7を使いたいという方は、デュアルシステムにして、2つ目の方法を参考にしてみてください。)
 
  2つ目のインストール方法は、起動ディスクを作成するためにコンピューターをインストールすることが多い子供たちにとって、最も身近な方法です。
 
  良いイメージをダウンロードしてハードディスクに書き込んだり、DVDに焼いたりすることは、自分でWindowsのシステムディスクを作るのと同じことです。 まず、Ultraisoの仮想CD-ROMドライブをダウンロードしてインストールする必要があります。
 
  インターフェイスを読み込み、ダウンロードしたCDイメージをUltraisoソフトウェアに読み込み、USBフラッシュドライブを接続すれば、ハードディスクイメージの書き込みを開始する準備が整います。 なお、ハードディスクのイメージは約2.8GBなので、最低でも4GのUSBメモリーが必要になります。また、イメージを書き込むとUSBメモリーがフォーマットされるので、USBメモリーに何かを入れている場合はバックアップを取ってください。
 
  執筆プロセス
 
  このプロセスには約10分かかります(ハードウェアのパフォーマンス速度によって異なります)。あとはお茶を入れてしばらく待ち、「Sync cache, burn successfully, 」と表示されたら、ソフトウェアをオフにしてUSBフラッシュドライブを抜きます。 これでWIN8の起動ディスクが出来上がりました。
 
  導入プロセス
 
  USBの数が多ければ多いほど良い
 
  USBフラッシュドライブやキーボード、マウスなどを接続する必要があるため、USBは多ければ多いほど良い。 幸い、私の持っているタブレットにはUSBポートが2つあるので、かなり便利です。 しかし、実はこのタブレットはキーボードがなくても使えるのです。 上部にキーメニュー、確認キー、上下選択キーを備えているため、システム選択画面での機能も充実しています。 もちろんこれはこのタブレットに限ってのことで、もしあなたのタブレットにこれがないのであれば、素直にUSBポート付きのキーボードを探したほうがいいでしょう。
 
  WIN8がインストールされていても、非常に互換性があります。
 
  ブートCDを挿入し、作業を開始する
 
  このキーがない場合は、キーボードのF11を押してください。 タブレットでブートメニューが見つからない場合は、F1~F12、TAB、deleteなどを試してみると、必ずこのようなものが見つかります。
 
  ブートメニュー
 
  usbフラッシュドライブがない場合は、usbフラッシュドライブドライバーがインストールされていない可能性が高いので、このインターフェイスに入る前に、再度ログインしてusbフラッシュドライブドライバーをインストールする必要があります。
 
  慣れ親しんだインターフェース
 
  WIN7をインストールしたことがあれば、このインターフェースは非常に見慣れているはずです。実際、WIN8とWIN7ではインストール方法に大きな違いはありませんので、次のステップをクリックしてください。 唯一のヒントは、デュアルシステムをインストールしたい場合、ハードディスクを2枚のディスクに分け、システムのないディスク(Dディスク)にWin8システムをインストールする必要があることです。 実際には、タブレットのハードディスクはまだ小さいので、やはりハードディスクを搭載することをお勧めします。 筆者は直接、元のディスクをフォーマットして削除し、WIN8をインストールし、体験した後、ラインに戻してインストールしています。
 
  ブートセットアッププログラム
 
  DVDブートエラー
 
  インストール時に、CD/DVDがハードウェアドライバーを見つけられないという問題がありましたが、実際には、私たちのタブレットには光学ドライブが搭載されていたはずです。この問題は、実際には、Windowsのアクティベーションメカニズムのプロセス障害、またはパッケージのダウンロードに問題があります。 従来のWindowsシステムは、光学ドライブを搭載したデスクトップやノートパソコン向けに設計されており、インストール時にはハードウェアがCDを読み書きする必要があるため、それが完了していないとブートファイルを生成できませんでした。 しかし、光学ドライブを搭載していない多くのノートパソコンを問題なくインストールできることが多いです。 いろいろ調べてみると、usbフラッシュドライブに異常があることがわかり、新しいusbフラッシュドライブに交換したところ、何の問題もなく解決しました。
 
  Windows 8では
 
  システム搭載
 
  インストール作業はWIN7と同様に数回の再起動が必要で、下の画面が表示されるとほぼ完了です。
 
  WIN8 Tablet Sneak Peek
 
  WIN8の設定
 
  新しいバーチャルキーボードのデザイン
 
  いよいよ、WIN8システムがタブレットにインストールされました。 WIN8はタブレット向けに作られているので、基本的な設定を終える前に、バーチャルキーボードを体験したいと少し焦っていました。 確かにWIN8のバーチャルキーボードはWIN7に比べてキーエリアが広く、それに伴って触覚感度も向上していると言わざるを得ません。
 
  ログイン設定
 
  デスクトップの準備
 
  セットアップが完了すると、従来のWindowsデスクトップではなく、非常に新しいMetroインターフェイスが出迎えてくれます。 その後、簡単にハンズオンを行います。
 
  メトロ・インターフェース
 
  このインターフェースに馴染めない場合は、左下の「デスクトップ」をクリックすると、従来のデスクトップに戻ることができます。
 
  これがオリジナルのWIN7のインターフェース
 
  WIN8はとても身近な存在
 
  普段からWIN7をお使いの方であれば、このインターフェースには慣れ親しんでいることでしょう。 しかし、しばらく遊んでみると、両者にはまだ多くの違いがあり、特にフルタッチ状態での感触は同じではありませんでした。
 
  システムのインストール時にUSBメモリーで起動できない場合は、USBメモリーをfat320 16KBにフォーマットして、USBメモリーで起動できるようにすることをお勧めします。
 
  USB HUB、キーボード、USBフラッシュドライブを用意し、まずUSBフラッシュドライブを別のコンピュータでUEFIブート可能なディスクにし、USBフラッシュドライブとキーボードをHUBと呼ばれるハブに接続し、それをx80hに接続すると、起動後半日はスキャンされますが、この時にESCキーを押すと簡単にBIOSに入ることができます。
 
  以上、タイトー製タブレットにusbフラッシュドライブを使ってシステムをインストールする方法と、インストール時に発生する問題点とその解決方法を詳しく解説しました。 タブレットを再ウィンドウ化する必要があるプロの方は、アピール方法を試してみてください。
タブレットにusbフラッシュドライブでシステムをインストールする方法の詳細なチュートリアル
 
 
 

hot articles