Windows data recovery software full version free download

  • Mac data recovery software full version free download

  •   乗算2二つの図に、標準的なアルゴリズムを使用して、ほとんどの目的のためには十分であるが、それはこれらのタイプの数の製品を見つけるためにあなたが迅速かつ簡単な方法を探しているステップの数を作ることができます.あなたは基本的な数学の事実を知っている、と数字のセンスを持っている場合は、2つの数字精神薄弱2を乗算する様々な技術を使用することができます.あなたは2つの正方形の違いに精通している場合は、それら2つの要因を修正するために代数式に適応できるようにすることができます.あなたが仕事に簡単に二つの新しい番号を思い付くまで、あなたはまた、要因を操作することにより、分配法則を使って、半減または倍増することができます.

      ペース

      3方法1:

      2つの正方形の違いを見つけます

      

      

      1

      平均は、2つの要素によって乗算されます見つけます.平均値を見つけるには、これら二つの数字を追加し、2で割った値.また、この2つの要因を考えることができ等距離の数です.[1]

      バツ

      リサーチソース

      この方法は、2つの要素の平均値が整数である場合にのみ動作することに注意してください.

      あなたは、23×17 {\ DisplayStyle 23の\ 17}回計算している場合たとえば、23と17の平均値を見つけます:

      {2} = 20 23 + 172 = 402 = {DisplayStyle {\ FRAC {23 + 17}、{2}} = {\ FRAC {40}}の20 \}

      だから、20の平均.換言すれば、23及び17は、20から等距離にあります.

      

      

      2

      これらの要因のそれぞれとそれらの平均値との差を検索.この違いは、同じ2つの数字でなければなりません.

      例えば、平均23および17?20であることから、あなたは23を計算します?= 20 3 {\ DisplayStyle 23-20 = 3} 20へと?= 17 3 {\ DisplayStyle 20-17の= 3} .したがって、各因子の平均値との差が3であり、そしてそれら.

      

      

      3

      リコール式2乗違い.式(A + B)(A?B)= A2?B2 {\ DisplayStyle(A + B)(AB)= ^ {2} ^ -b {2}} [2]

      バツ

      リサーチソース

      {\ DisplayStyle}は二つの製品の平均値に等しくなるように、二つの数字2を乗算し、DisplayStyleの{B \ B}の目的のために、各因子について、その平均値との差に等しいと.[3]

      バツ

      リサーチソース

      例えば、(20 + 3)(20?3)= 202?32 {\ DisplayStyle(20 + 3)(20-3)= 20 ^ {2} -3- ^ {2}} .

      

      

      4

      DisplayStyleの{スクエア\ BのDisplayStyle {}と\ B} .自身を乗じた数が正方形を意味していることに注意してください.うまくいけば、これらの数字は、あなたの頭の側であなたのために簡単にそれを作ります.そうでない場合は、暗算の別の方法を使用する必要があります.

      例えば:

      (20 + 3)(20?3)= 202?32 {\ DisplayStyle(20 + 3)(20-3)= 20 ^ {2} -3- ^ {2}}

      (20 + 3)(20?3)= 400?{9 DisplayStyle(20 + 3)の\(20-3)= 400から9}

      

      

      ファイブ

      2つの正方形の間の差を計算します.結果はあなたの元の2つの要因の積になります.[4]

      バツ

      リサーチソース

      例えば、(20 + 3)(20?3)= 391 {\ DisplayStyle(20 + 3)(20-3)= 391} .したがって、(23)(17)= 391 {\ DisplayStyle(23)(17)= 391} .

      広告

      3方法2:

      分配プロパティを使用します

      

      

      1

      どのような要因は、最も近い100を決定します.要因の一つが99である場合は特に、それは、非常に近い100にある場合は、この方法の要因の一つは、最高の作品.[ファイブ]

      バツ

      リサーチソース

      しかし、このアプローチは、他の要因にも適用可能で、同様に機能することができます.

      たとえば、12×98で乗算することができる{\ DisplayStyle 12の\ 98倍} .この場合、98は100に最も近いです.

      

      

      2

      最も近い100 100の再発現の要因?バツ {\ DisplayStyle 100-バツ} .変数x {\ DisplayStyle バツ}は100と因子との間の差を表します.[6]

      バツ

      リサーチソース

      例えば、98 =(100?2){\ DisplayStyle 98 =(100-2)} .

      

      

      3

      代わりに、元の方程式に再発現因子の.あなたは100を乗じて考える必要があります?小さな因子によってX {\ DisplayStyle 100-X}.

      例えば、12×98 = 12(100?2){\ DisplayStyleの12 \ 98 = 12回(100-2)} .

      

      

      4

      旅客分配法則.括弧内の最初の数は100であるため、第1の要因は、見つけるのは簡単であるべきです.第2の要因は、比較的容易に元の数に最も近い100で見つけることです.

      例えば、12×98 = 12(100?2)= 1200?24 {\ DisplayStyleの12 \ 98 = 12回(100-2)} = 1,200-24 .

      

      

      ファイブ

      2つの製品間の違いを見つけます.これは、次の2つの要因のあなたのオリジナル製品を提供します.[7]

      X

      リサーチソース

      例えば、1200?1176 24 = {\ = 1176 DisplayStyle 1,200-24の}、その結果×98 = 1176 12 {\ DisplayStyle 12の\回98 = 1176} .

      広告

      3.方法3:

      倍増と半減

      

      

      1

      それは係数が偶数であるかどうかを決定することであるかどうか.あなたも、数が半分になります.[8]

      X

      リサーチソース

      覚えておいてください、でも2で割り切れます.これら2つの要因がさえ、半分に小さな数を選択している場合.

      それが偶数であるため、例えば、15×32 {DisplayStyle \ 15 \ 32}倍を乗じた場合、あなたは、32を半減します.

      

      

      2

      偶数の半分.に加えて、2でこれを行うには.あなたもあなたの数学の事実を知っている場合、あなたはそれを容易に行うことができるはず.

      例えば、322 = 16 {\ DisplayStyle {\ FRAC {32}}}の{2} = 16 .

      

      

      3

      他の数を倍増.2倍を乗じた数を、増やすには.

      例えば、15×2 = 30 {\ 30 \ DisplayStyle 15とは} 2回= .

      

      

      4

      新しい掛け算の問題を考えてみましょう.新たな問題が他の結果を倍増、半減の要因の一つであります.

      例えば、15×32 = 30×16 {\ DisplayStyle 15の\ 32 = 30回\ 16倍} .

      

      

      5

      あなたが計算され精神的な問題に達することができるまで、このプロセスを続行.あなたは常に、二重の同じ数ながら、同じ量を半減していることを確認します.あなたは半分、重量が同じ2つの要因であるべきとき.[9]

      X

      リサーチソース

      例えば:

      15×32 {\ DisplayStyle 15の\ 32倍}

      = 30×16 {\ DisplayStyleの= 30 \ 16倍}

      = 60×8 {\ DisplayStyleの= 60 \ 8}回

      = 480 {\ DisplayStyleの= 480}

      広告

      

    Recommend Article: