need full free register code please email to support@airysoftware.com

  • need full free register code please email to support@airysoftware.com

  •   文字化け2113でのUディスク:

      5261一般的ではない、非常に持つ場合は文字化けになります.?ファイルは4102文字化けしており、1653年にウイルスが推奨され、または他のシステムは、その後、大きなトラブルを被るすぐに、それを取り戻すディスクフォーマットを置くために、これはデータの損失はありませんが、非常に深刻です!?! 書式設定バー!することができます.このように、Uディスクフォーマットを入れて、その後、それを取り戻すためにEasyRecover Uディスクのデータ部分にこのソフトウェアを使用しますが、ファイルバック保証を見つけることができないことは確認することは困難であるので、このウイルスは、あなたが、変更されているので、いいや歪みですそう、どのようなデータ復旧ソフトウェア、便利、そしてwinhexのように、あなたはあなたと一緒になった、自分だけ間違っassociated''reファイル方法が原因おそらく、文字化け、あなたは彼らがイタリアのファイルに関連するファイルを参照してくださいどのような変更開き、それを試してみてください第二は、元のファイルが原因である可能性があり、関連付けられた一つの問題は、暗号化機能、NTFSパーティションのフォーマットを使用して暗号化され、現在は何らかの理由でそれが開きません.WORDファイル、それは文字化けの言葉であれば、2つの解決策があります

      交換方法のフォーマット

      このアプローチは、別の形式としてWord文書で破壊します. 自民党は再現作品を辞退しました

      1、破損した文書を開き、「ファイルの種類として」リストで「ファイル/名前を付けて保存」メニューをクリックし、「RTF形式」を選択し、「保存」ボタンと近い単語をクリックしてください.

      2.再びあなたがファイルを見つけることができる今、「Word文書」へのファイルのバックを保存するWord文書を開くには、「名前を付けて保存」を使用して、先ほど保存したRTFファイルには、回収されました.ファイルがまだRTF形式に変換した後に復元することができない場合は、プレーンテキスト形式(再度ファイルを変換することができます*.TXT)、その後は、Word形式に変換しました.TXTファイルに変換するときもちろん、自分の写真やその他の情報が出て失われます.

      第二に、リセットフォーマット方法

      Wordが隠された場所を持っているでは、フォーマット情報が復元されたこれらのファイルを削除することができます限り、情報の様々なフォーマットで文書を保存します.

      あなたは、破損した文書を開き、「ツール/オプション」メニューをクリックし、「編集」タブを選択し、チェックを外し「使用スマート段落の選択範囲」のチェックボックスがオンになっているし、ボタンをクリックした後、.だから、ファイルを修復することができます.

      リベラルの作品は、転載を拒否しました

      ライン上で起動エラーの初めに4102の1653複雑なファイルシステムエラーを自動的修理をチェックし、すべてのエラー回復ダニを削除し、 - 所属 - Hは、プレート(または2113年のそれは.とにかく、あなたはディスクフォルダを持っている)右5261のキーを揃えます私は文字化けにいくつかのフォルダとファイルでディスクのように使用し、これも解決し、削除されません.

      ファイル内のそのディスクは取らないこと、およびファイルが削除され、ウイルスの後、Uディスクラスターはありませんが、Uディスクは、他の誰かのコンピュータ上にない混乱毒プラグを行うの種類には非常に簡単です..

      こんにちは:

      あなたは、コンピュータのバトラーテンセントを尋ねるダウンロードし、コンピュータの家政婦をインストールすることができます

      キルでウイルスを除去するための機能

      そして、データ復旧ソフトウェアをダウンロードするには、コンピュータの家政婦の管理ソフトウェアを使用

      何をスキャンし、復元

      

      後で質問があれば、再びコンピュータの管理Enterpriseプラットフォームを依頼してください、私たちは、あなたの質問に答えるために専用されます

    Uディスク中毒、文書はああ戻って修復する方法、文字化けしています

    Recommend Article: